パート看護師転職前に! 2016年10月以降の106万円の壁

 

パート看護師の今後のあり方

 

子育てもそろそろ落ち着いてきたので、看護師の仕事に復帰したいと思い、日勤のみの医療機関にパート看護師として働きたいと考えている人も多いようです。夫の扶養に入っているパートタイマーは、103万円の壁があることについては、十分理解していると思いますが、2016年10月より新たな制度として、106万円の壁、つまりパートタイマーである短時間労働者には、厚生年金の基準が拡大されることとなりました。その対象となるパートタイマーの女性が増えることとなり、今後のワーキングスタイルに大きく影響するものと見られています。

2016年9月末までの時点では、正職員の労働時間のうち、4分の3に満たない場合は、厚生年金に加入したくでも、加入はできないことになっています。つまり、所定労働時間が40時間だとすると、その4分の3ですから、労働時間が30時間に満たない場合は、厚生年金への加入は認められていません。

しかし、10月より1週間あたりの労働時間が20時間以上で、月額の賃金が8.8万円以上で年収が106万円以上のパートタイマーは、厚生年金への加入が適用されることとなりました。

 

 

パート看護師の保険料の負担は今後どうなる?

 

2016年10月からの厚生年金適用の基準の拡大について、週20時間以上の労働時間、月額賃金が8.8万円以上で年収106万円以上、1年以上の勤務期間、501人以上の従業員がいる企業、これらの基準をすべて満たしている場合に、厚生年金が適用されることとなります。

サラリーマンの夫の扶養に入っている場合は、従来の制度ではパートタイマーとして仕事をしている妻が単独で厚生年金に加入することはなく、国民年金第3号被保険者となっていたと思います。国民年金第3号被保険者となっていても、妻が実際に年金を毎月納めることはなく、夫の給与から天引きされるため、妻が個人的に負担する必要はありませんでした。

今後は、パートの看護師に転職を検討している人、または現在すでにパート看護師として勤務していて、厚生年金適用の基準を満たしている場合は、今後の働き方や家計の収入と支出の関係について、慎重に見直しをする必要が出てくると思います。

 

 

看護師転職サイトランキング

 

ナースではたらこ
ナースではたらこは、「顧客満足度NO.1」の評判の通り専任のコンサルタントが丁寧に希望条件に合った病院を探してくれます。

面談の同行をしてくれるケースもあるようで、相当の熱意を持って転職をサポートしてくれることが分かります。
在職中でも相談可能とのことで、まだ転職の意思が固まっていないという方も、試しにまず相談をしてみるというのもアリでしょう。

登録・利用料 転職お祝金 評価
無料 - 看護師 転職 人材紹介 就職 保健士 ランキング

 

看護のお仕事
看護のお仕事は、全国12万件以上という看護師転職サイトの中でも最大規模数の求人を掲載しています。

また看護のお仕事では専用アドバイザーがあなたの代わりに病院と待遇交渉してくれるので、条件アップも期待できます♪
非公開の求人も多数ありますよ。

登録・利用料 転職お祝金 評価
無料 - 看護師 転職 人材紹介 就職 保健士 ランキング

 

マイナビ看護師
マイナビ看護師は、マイナビの運営する看護師のための転職支援サイトです。

全国に支社のあるマイナビですから、地方でも豊富な求人がありますよ。
マイナビにしか求人を出さない医療機関もありますので、気になる方は無料登録を。

登録・利用料 転職お祝金 評価
無料 - 看護師 転職 人材紹介 就職 保健士 ランキング

 

 

スポンサーリンク